これまでに読んだ小説の中で本当に面白かったのはコレ

老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ

老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ老人と海(1952) アーネスト・ヘミングウェイ

(ストーリー)
助手の少年が去り、老人はひとりで漁に出ることになった。
海と共に生きてきた男の壮絶な自然との戦い。
それはあたかも生きることに立ち向かう人間の姿のよう。

(感想)
年老いた漁師が主人公の、誰でも知っている古典的名作。
ヘミングウェイのマッチョイズムを嫌う人もいるが、
やはりこれほど力強い作品はめったにない。

老人の前に立ちはだかるものの大きさ。それに挑んでいく気概。
繰り広げられる苦闘。

それを目の当たりにする読者は、
生きていくことのある種の崇高さをそこに感じることだろう。

話の筋はシンプルで、ページ数も少ない。
それでもこの作品は濃厚なエキスがはち切れんばかりに詰まっている。
海が、ときには無に帰してしまったかのように静まりかえり、
時には波頭を高々と持ち上げて暴れまわり、
時には生きる糧をもたらす温かなオアシスへと姿を変えてゆく。

海は大きくもなり小さくもなり、老人を包み込むようにして眼下に横たわる。

作中に何度か出てくるライオンの夢は、
単純なマッチョイズムに見えなくもない。
しかし老人はライオンの夢を熱望する一方で、
自分を慕う助手の少年にすがりたいと考えたりもする。
その様子はハードボイルド的なマチズモ、つまり男らしさの信仰や力の信仰とは
やや異質な雰囲気を持っている。
どちらかと言うと冒険に憧れるロマンティシズムや
子供のようなヒロイズムの方が近い。

おそらくそれはヘミングウェイ自身の人生観ともつながっていることなのだろう。

「誰がために鐘は鳴る」や「フランシス・マカンバーの短い幸福な生涯」にしても、
根底にあるのは子供じみた英雄崇拝だ。
ハードボイルド作品に見られる感傷とはずいぶん異なる印象。

ライフル自殺という悲壮な最期をとげたヘミングウェイだが、
そこに漂うのは感傷ではなくて、やはりなんとも素朴なヒロイズムである。


Home